相続税申告を税理士に依頼する

相続税申告を税理士に依頼する

大阪の皆様、相続税の申告や納税作業は一生で何度も経験するものではありませんし、手続き内容が全く同じになるという事もありません。申告期限は10か月と設定されていますが、複数の手続きを並行して行わなければならないため、税理士などの専門家に依頼する人が増えてきています。ただ、税理士に依頼すると費用が発生したり、どの税理士に依頼していいかわからないなどというご不安もあるかと思います。

ここでは専門家に依頼するメリットを大阪の皆様にお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてください。

相続税申告を税理士に依頼するメリットとは

医者にも内科・小児科・整形外科などと専門分野があるように、税理士にも所得税・法人税・相続税などの専門分野があります。普段から相続税申告に従事している税理士に相談することで、スムーズに進めてくれるだけでなく、ノウハウを生かして納税額を抑えてくれることが期待できます。大阪相続税申告相談室をご覧の大阪の皆様が税理士をお探しの場合は、相続税申告に強い事務所に依頼するようにしましょう。

平成27年に相続税に関する税率が改正されたことにより、納税対象となる人が増えました。それに伴い、案件も増えてきていますが、相続税は前提として税務以外の相続手続きの知識も必要のため簡単には行えずそれゆえ税理士事務所のほとんどが法人税や所得税を専門としているのが実情です。もちろん税理士資格を持っていれば相続税の申告を行うことはできますが、相続税の専門でないと不動産評価に適用できる特例や、土地の評価、財産の評価などの複雑なルールに対応できないうえ、知見、ノウハウがあるかどうかで相続税額に大きく差が出てきます。そのため、税理士であれば誰でもよいというわでなく誰に頼むかが重要となります。

税務調査

税務署は各納税者の申告を受けて、不明な点、気になる点があると税務調査をします。相続税申告では被相続人が現金をタンスにしまいこんでいたり、知らない不動産が後から出てきたりと、法人税や所得税に比べ、申告漏れが起きやすくなっています。

この場合、故意でない申告漏れであっても、本来支払う税金に追加して延滞税などのペナルティが請求されてしまいます。税理士がきちんと調査し、作成した申告書は内容に間違いが起きることも少ないため、加算税などの税金を課される可能性も低くなります。

費用

税理士に相続税申告の手続きを依頼する際に、最も心配になるのは費用ではないでしょうか。どのように費用を設定しているかは事務所によりますが、一般的には相続財産に対して何%かを報酬とする場合、一定の相続財産に対していくらと設定している場合、段階的に報酬が高くなる場合、不動産の所有数によって加算する場合などがあります。ご相談者様からすると安く抑えたいと思うポイントかとは思いますが、費用の安さだけで税理士を選択するのはおすすめできません。
なぜなら、税理士によって最終的な納税額に差がでてくるため、知識や経験がない税理士に依頼してしまうと、依頼費用以上に納税額が高くなってしまう可能性があるからです。相続手続きでは、相続人同士でのトラブルで裁判所まで出向くことや、不動産の名義変更など、税理士以外の弁護士、司法書士とも連携する必要があります。幅広く対応してもらえるように、他の士業事務所と連携が取れている事務所だとなおさら安心できるでしょう。

大阪相続税申告相談室では、大阪の皆様からのご相談をお受けしております。大阪の皆様のお役に立てるよう、初回のご相談は無料にて承っております。相続税申告に精通した専門家が大阪の皆様のご相談内容に合わせて親身にご提案いたします。まずは一度ご来所いただきお話をお聞かせください。

大阪相続税申告相談室スタッフ一同、大阪の皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

相続税申告の関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら