遺産相続について

このページでは、遺産相続の全体像と遺産相続の流れについて、お伝えをさせていただきます。

遺産相続においては、期限が決まっている手続きもあれば明確に期限が定められていない手続きもあります。また、遺産相続を進めていく上では、ご家庭ごとに必要な手続きが異なりますので、一つ一つ確認しながら手続きを進めていきましょう。

遺産相続とは

遺産相続とは、主に被相続人が残した財産や権利、義務を残された相続人が引き継ぐことを指します。遺産相続の手続きには大まかな流れがあり、その流れを把握することで比較的スムーズに手続きが進めることができます。

遺産相続を始める際は、最初に遺言書の有無を確認しましょう。その有無により、手続き内容も変わります。被相続人が遺言書を残していた場合、基本的に相続において遺言書の内容が最優先となります。

遺産相続の流れ

遺産相続において初めに着手するのが「相続人調査」と「財産調査」になります。相続人と財産を明確にしない限り、相続手続きを進めることはできませんし、これらの結果をもとにその後の遺産分割や財産の名義変更などを行います。

相続人調査と財産調査終了後は、遺言書がない場合、法定相続人を集め遺産分割協議を行います。遺産分割協議にて遺産の分け方などの内容がまとまれば、それらを書類にまとめ遺産分割協議書の完成となります。その後、財産の名義変更を行います。

なお、一般的には遺産相続に期限はありませんが、相続放棄や限定承認、準確定申告、相続税申告をする際にはそれぞれ期限が設けられているため、期限管理をしながら進めていく必要があります。

 

遺産相続の手続きは複雑で難しい部分も多く、普段は関わりがない親族との話し合いや、慣れない書類を取り寄せる必要があることからなかなか円滑に手続きが進められないのが現実です。しかし、いい加減なまま手続きを進めてしまうとその後に面倒なトラブルを引き起こしかねません。遺産相続におけるご相談は、ぜひ大阪相続税申告相談室までご連絡ください。初回の無料相談から親身に対応させていただきます。

遺産相続についての関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら