母屋と離れがある場合の小規模宅地の特例

小規模宅地の特例とは、被相続人が居住または事業をしていた土地について、80%または50%まで評価額の減額が受けられる制度です。

大幅な節税につながることから利用したいと考える方は多いと思いますが、同じ敷地内に母屋と離れがある場合はどうでしょうか。

結論から申しますと、このような場合でも一定の要件を満たしていれば小規模宅地の特例が適用されます。ここでは具体例をもとに、母屋と離れがある場合の小規模宅地の特例についてご説明いたします。

同じ敷地内に母屋と離れがある場合の具体例

  • 母屋と離れとの間に通路はなく、それぞれ独立している
  • 母屋には被相続人(配偶者は他界)、離れには被相続人の息子が居住
  • 土地建物の所有者は被相続人
  • 家賃や地代の支払いはなし

上記のような場合でポイントとなるのが、被相続人と息子との生計です。生計がひとつの場合は母屋、離れともに小規模宅地の特例が適用されますが、生計が別の場合は特定居住用宅地等に該当する母屋のみが適用となります。

なお、小規模宅地の特例の適用には一定の要件を満たしている必要があり、生計がひとつかどうかの判断も個々の状況によって異なります。そのため、具体例と似たようなケースであっても小規模宅地の特例が適用されるとは限りませんので、利用を検討される際は専門家へ相談することをおすすめいたします。

どこへ相談すればいいのかお悩みの大阪の皆様は、相続税申告に関するたくさんのご相談をいただいている大阪相続税申告相談室までお問い合わせください。大阪相続税申告相談室では、相続税の専門家が大阪の皆様の親身になって、相続開始から相続税申告、納税までサポートいたします。

小規模宅地の特例の関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら