相続税の基礎控除額

基礎控除額について

相続や遺贈により引き継いだ財産のうち、相続財産の合計額が基礎控除額を超えた部分に対して課税される税金のことを相続税と言います。基礎控除額とは、相続税の課税遺産総額を算出する際に用いられる控除の一つで、基礎控除額の範囲内であれば、相続税申告は不要となります。

基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数

※法定相続人の数は、相続放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。
※法定相続人の中に養子がいる場合、養子の数は、実子がいるときは1人、実子がいないときは2人まで法定相続人の数に含めます。

申告が必要か不要かを判断

相続税の計算方法

  1. 相続人全員の課税価格の合計額を算出する
  2. 上記➀から基礎控除額を引いた課税遺産総額を算出する
  3. 上記②を法定相続分で取得したものと仮定し、それぞれに税率をかけて各相続人の税額を算出する
  4. 上記③で算出した税額を合計し、相続人全体の相続税額の総額を算出する

 

相続税についてお困りの大阪ならびに大阪近郊の皆様は、大阪相続税申告相談室の相続税の専門家にご相談下さい。大阪相続税申告相談室の相続税の専門家が大阪ならびに大阪近郊の皆様の親身になって相続税の申告から納税までサポートいたします。

相続税の基礎控除の関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら