相続税の税率の推移

改正前後での推移変化

相続税の税率は、段階的に法定相続分に応ずる取得金額によって定められていることをご存知でしょうか。

ここでは、平成25年度改定(平成27年度1月1日以降発生の相続に適用)前後でどのように税率が推移したのかご説明していきます。 

平成25年度改定前

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% 0円
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

平成25年度改正前は、上記のように6段階に分けられていました。

平成25年度改定後

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% 0円
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

平成25年度改正後は、上記のように8段階に分けられ、最大55%の税率が課されるようになりました。数字だけを見てみると、法定相続分に応ずる取得金額が2億円を超える場合は負担増になっていることがわかります。

相続税でお悩みの方は是非無料相談にお越し下さい。相続税の専門家が大阪にお住まいの皆様の疑問やお悩みを解決致しますので、お気軽に大阪相続税申告相談室までお問い合わせください。大阪相続税申告相談室では、皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

相続税の税率の関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら