生命保険の手続き

大切なご家族がお亡くなりになると、悲しむ間もなく葬儀の準備や相続手続きを始めなくてはなりません。その際、亡くなられた方が生命保険に加入していたかの確認を行っておくと、今後の支払いがスムーズに進む場合があります。

亡くなられた方が生命保険に加入していた場合には契約内容を確認し、生命保険金の請求を行います。生命保険を受け取ることが出来れば、葬儀費用や相続税を支払うための現金を確保することができます。

死亡保険金を受け取る流れ

  1. ご逝去(死亡保険金の受け取り事由の発生)
  2. 「保険契約者」または「保険金受取人」が生命保険会社へ連絡する(電話か書面にて)
  3. 生命保険会社から必要書類の案内と保険金請求書が送付される
  4. 保険金受取人(保険証券に記載されている人)によって請求手続きをおこなう
  5. 生命保険会社が書類を閲覧、支払の可否を判断する
  6. 死亡保険金の受け取り

保険金請求に必要な一般的な書類

  • 請求書
  • 被保険者の住民票
  • 受取人の戸籍抄本
  • 受取人の印鑑証明
  • 医師の死亡診断書または死体検案書
  • 保険証券

※他にも書類が必要となる場合があります。詳細は各保険会社にお問合せください。

亡くなった方が生命保険の被保険者であった場合には、上記にご紹介した流れで受取人が死亡保険金請求の手続きをおこないます。

では、亡くなった方が保険契約者だった場合にはどうなるのでしょうか。故人が保険契約者になっている場合には、「保険契約者としての地位」が相続財産として引き継がれるため、保険契約を継続する際には、この地位を誰が引き継ぐのかについて遺産分割協議で話し合います。
なお、生命保険に関わる税金について、詳しくは下記のリンクからご確認ください。

大阪相続税申告相談室では大阪ならびに大阪近郊にお住まいの皆様の相続税申告についてのご相談をお受けしております。初回のご相談は無料でございますので、相続のことでしたら、どんなことでもお気軽にご連絡ください。

遺産相続についての関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら