相続税の税務調査の時期

「税務調査」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

相続税の税務調査が入る時期には、主に相続税申告後、6カ月~2年の間、1年のうちでは8月~12月と言われています。申告書を提出してから最初の8月~12月に来る可能性が高く、次に2年目の8月~12月、3年目の8月~12月・・・というように続いていきます。

相続税の税務調査が入る可能性がある期間は、申告期限より5年以内と定められており、年数が経つにつれて税務調査の可能性は徐々に低くなっていくと考えられています。しかし、相続税の時効である5年が経過するまでは油断しないようにしましょう。

税務調査に関する時効の延長

原則として、税務調査の時効は5年とされています。

提出された申告書について税務署が間違いを見つけた時点で申告期限から5年経過している場合、申告した人には追加の納税をする法的な義務はありません。しかし、悪意のある申告漏れや脱税を行っているとみなされた場合時効が7年に延長されますので注意が必要となります。

税務調査が入る時期

先述にて税務調査は基本的に8月~12月に入る傾向があると説明しましたが、これは税務署の年間スケジュールと関係しているためです。

1月~3月は確定申告があり、6月に年度末を迎えます。7月は年度切り替えで人事異動があり、業務が落ち着く8月から、年末調整の業務が本格化する前の12月までの間が税務調査を実施する時期となるのです。

税務調査の流れ

税務調査が入ることになった場合、税務署と電話にて日程調整を行います。実際の税務調査は基本的に1日で終わることが多いですが、稀に2日かかることもあります。調査が終了した後の2週間~3週間で相続人の代表者に結果が伝えられるため、合計で1ヶ月ほどかかると考えておきましょう。

税務調査の際には、調査官から様々な質問をされますので、経験を積んだ税理士に相談することをお勧めします。大阪相続税申告相談室では、大阪にお住まいの方に税務調査があった際、初回の無料相談から親身に対応させていただきます。大阪のお住まいの方からのお問合せを、お待ちしております。

相続税の税務調査についての関連ページ

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら