申告期限が迫っている方

申告期限を過ぎると各種特例は使えなくなる!

相続税の申告、納税には期限があり、“相続の開始を知った日(通常は死亡日)の翌日から10か月以内”に行う必要があります。相続税の支払いが必要な相続人や受遺者はこの申告期限を過ぎてしまうと、ペナルティとして延滞税や加算税が課せられてしまいます。

また、申告期限内にきちんと申告、納税することで最終的な相続税額の減税に大きく関係する各種控除を適用することができるので、必ず期限を守るようにしましょう。

とにかく未分割で申告する!

10か月という期限が長いように感じるかもしれませんが、被相続人の全戸籍を集めて相続人を確定し、相続財産について調査を行い、相続人全員による遺産分割協議をまとめ、申告に必要な金融資産資料や不動産資料等を集める作業には、多くの時間を要することになります。

また、相続税の申告内容を間違えて提出してしまう可能性もあり、そういったトラブルを避けるためにも、相続税を支払うことになったら早急に相続税に精通した専門家に相談しましょう。
間に合いそうになければ、とりあえず未分割で申告することが可能です。その後、税金を計算し直して、正確な金額で申告と納税を済ませることをお勧めいたします。

未分割で申告する際の注意点

未分割で申告する場合、控除や特例を適用することができませんので、法定相続分に基づいて申告・納税を行うことになります。遺産総額によっては、高額の納税資金を用意しなければなりません。期限内に申告さえしていれば、修正申告で払い過ぎた税金を還付してもらう事は可能ですが、そもそも納税資金が足りず支払えない!とならないためにも、できるだけ期限内に申告しましょう。

遺産分割調停が継続している場合には前もって届出をしておくことで、調停成立の翌日から4ヶ月以内に限り、各種特例の適用を受けることができる制度もあります。相続税に関するお悩みは、相続税に強い大阪相続税申告相談室にご相談ください。相続税申告について実績ある専門家が、無料相談から親身に対応させていただきます。

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を一般の方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続税申告

相続税の申告には期限があります。また、申告漏れが発生した場合にはペナルティが発生しますのでしっかり確認していきましょう。

相続が開始したら

遺産相続の手続きには大まかな流れがあります。必要な手続きや書類などを確認し、一つずつ手続きを進めていきましょう。

生前対策

生前対策で出来る事はとても多くあります。出来るだけ早く取り組むことで、将来の税金を適法に減らすことができます。

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら