相続財産に収益物件が含まれている場合

ここでは、相続する財産にアパートやマンション等の収益物件が含まれている場合について、ご説明いたします。

亡くなった方から収益物件を相続した場合、その物件は課税対象となるため相続税が発生します。収益物件を相続するにあたっては価値の評価が必要であり、適切に評価できるかどうかが重要になってきます。

なお、収益物件の評価は建物と敷地に分けて行いますが、それぞれの財産価値を評価するには特殊な方法を用いることになります。

収益物件に該当する建物と敷地の評価方法

建物の評価

建物の評価の基準となるのは、固定資産税評価額になります。

また、第三者に貸与している建物に関しては所有者が自由に使用できるものではないことから、財産価値は通常の建物よりも低くなります。

敷地の評価

原則は、路線価に基づいて評価を行います。

ただし、所有している土地の上に第三者へ貸与するための建物(所有者名義)が建っている場合、その土地は「貸家建付地」と呼ばれ、このように所有している方がご自分で使用せず第三者に貸与している土地に関しては評価額が低くなります。

収益物件の評価は実績豊富な専門家にお任せ!

相続税申告における収益物件の評価方法は、通常の物件に対する評価とは異なり、適切な評価ができないと必要以上に相続税を支払うことになるケースも少なくありません。そうした事態を回避するためにも収益物件を含む相続が発生した際は、相続税申告を得意とする専門家へ依頼することをおすすめいたします。

大阪および大阪近郊にお住まいの皆様におかれましては、大阪相続税申告相談室まで、まずはお気軽にお問い合わせください。大阪相続税申告相談室では豊富なノウハウを有する専門家が親身になって、皆様のお悩みやお困りごとを解消いたします。

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を一般の方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

相続税申告

相続税の申告には期限があります。また、申告漏れが発生した場合にはペナルティが発生しますのでしっかり確認していきましょう。

相続が開始したら

遺産相続の手続きには大まかな流れがあります。必要な手続きや書類などを確認し、一つずつ手続きを進めていきましょう。

生前対策

生前対策で出来る事はとても多くあります。出来るだけ早く取り組むことで、将来の税金を適法に減らすことができます。

大阪・関西圏の
相続税のご相談なら
お任せください!

相続税申告の無料相談 お電話でのご予約はこちら 大阪・関西圏の相続税のご相談ならお任せください! 0120-134-824 日曜・夕方以降の
お問い合わせはこちら